いつも人任せではいけません!ファッションに関心が薄い男性に必要な意識改革とは?

2023年4月1日 by

奥さんに任せてばかりだとテイストが偏ることがある

「服はいつも妻が買ってきたものを着ている」や「アパレルショップで店員さんがオススメしてくれた服を言われるがままに買っている」など、コーデを人に頼っている男性は意外と多いのではないでしょうか。普段から仕事の成果でいろんな人と競わされているため、メンズファッションにまではなかなか気がまわらないのかもしれません。もしくは奥さんや店員さんに絶大な信頼を置いていて「人任せにしておけば安心だ」という意識があるのかもしれません。しかし奥さんがメンズファッションを選ぶ際は、流行に沿っているかどうかよりも「夫にはこんな服を着てほしい」という願望が反映されるケースが多いのです。職場で流行遅れの偏ったビジネスカジュアルの男性がいるのは、その影響だといえます。夫と妻ではメンズファッションを見る視点が異なることを理解しておきましょう。

店員さんは利益を優先してオススメをすることもある

また店員さんに任せっきりにしている男性も注意が必要です。確かに店員さんはメンズファッションに対する知識が豊富ですが、その一方で会社に利益をもたらさなければならない人材という側面も持ち合わせています。そのため場合によっては在庫が残りそうな商品を勧めたり、その日の売上目標を達成するために高価なファッションを試着させて「とてもお似合いですよ」と言うこともあるのです。「店員さんが熱心に勧めてくれたけど、何だか上手く着こなせなかったなぁ」という失敗経験がある人は、店員さんから言われるがままに購入するのではなく、店員さんの意見を参考にする姿勢が重要だといえます。人任せにせず「服は自分で管理していく」という意識を持っている男性がおしゃれに近づいているのです。

シャンプーの後、排水溝の抜け毛が気になることはありませんか?毛が抜けるのを食い止めるためにも、agaを新宿で考えてみるといいでしょう。

カジノノウハウ