aga対策は具体的に何をすれば良い!?専門機関を利用するメリットとは

2020年12月4日 by

aga対策の基本はすでにできている

agaの脱毛症状は、男性ホルモンが特定の酵素と結び付くことで生まれるDHTという物質が引き起こします。そのため対策としては、そのDHT発生に繋がる酵素の働きを阻害するのが基本です。フィナステリドという成分がその役に立つということはすでに判明しているため、特殊な例でない限り、内服薬としての使用が第一候補として挙げられるでしょう。またフィナステリドだけでは、髪が成長途中で抜けてしまうのを抑制するという働きしかできないということで、ミノキシジルという成分を併用することが多いです。そのミノキシジルには外用薬と内服薬の2通りがあり、適切な方を選ぶことが重要です。

専門機関の方がリスクが少ない

フィナステリドの錠剤やミノキシジルを使用した発毛用医薬品は、個人でも購入そのものは不可能ではないため、aga対策は専門機関でなくてもできます。ただいずれの成分も発毛に関する変化だけをもたらすというわけではありません。副作用として出る症状次第では、別の方法を選択した方が良い場合もあります。その判断は、専門機関でないと難しいです。また専門家のサポートを受けているということで、心理的な負担も少なく済むというメリットもあります。

さらにミノキシジルに至っては外用薬と内服薬の選択が、aga対策として非常に重要となってきます。特に内服薬には、他の病気治療に使用している薬と一緒に服用してはいけないことがあります。そのため安全面で考えた場合でも、専門機関で対策をした方が良いです。

男性型脱毛症、通称agaを京都で治療するには、どのような医療機関があるのでしょうか。京都市内には、いくつかのaga治療クリニックがあります。駅前や駅の近くなど、アクセスしやすい場所にあるものが多いです。