agaとは一体何!?発症原因と対策を知っておこう!

2020年12月3日 by

agaの原因は大きく分けて3つ

agaとは男性型脱毛症を指します。男性の薄毛の約9割がagaとされていて、男性であればいつでも起こり得る脱毛症なのです。agaを引き起こす原因は、男性ホルモン、遺伝、生活習慣の乱れが挙げられます。まず男性ホルモンは、単体であれば脱毛を引き起こすことはありません。男性ホルモンが過剰に分泌し、血液を通って頭皮の酵素と合体することで、より強力なホルモンへと進化します。この強力なホルモンが髪の毛の成長を止めてしまい、十分に成長しないまま毛が抜けてしまうのです。なお、この強力なホルモンは遺伝にも関係しています。強力なホルモンができやすい遺伝子を受け継ぐことにより、agaの発症リスクが生まれつき高くなるのです。

生活習慣については、栄養バランスの乱れ、ストレス、睡眠や運動不足が挙げられます。これらのどれか1つでも当てはまることで、agaを発症する可能性が高まります。

日常生活でできる対策とは

agaは年齢に関係なく発症する脱毛症です。薄毛が気にならないとか、抜け毛が少ないからといって油断してはいけません。発症していないうちから対策を行うことが大切です。日常生活でできる対策として、生活習慣の見直しが挙げられます。まず、食事は栄養バランスに気を付ける必要があります。食事が偏ってしまうと、髪の毛に必要な栄養が行き届かなくなってしまうのです。髪の毛に良いとされるたんぱく質やビタミンをしっかり摂ることが大事です。また、質の良い睡眠や適度な運動は、自律神経とホルモンの分泌を整えることができます。

このように、生活習慣を改善してagaの発症を防ぎましょう。

agaを横浜で診療している男性専門のクリニックでは、発毛治療のために有効成分を含んだ内服薬や外用薬の処方がメインに行われています。